ウォーキングを安全で快適にするためのアイテム7選!お役立ちグッズの紹介

ウォーキングを安全かつ快適にするグッズで

とびっきりおススメ7選をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

■歩数計測のアプリでモチベーションを高めましょう。

ウォーキングをしてると自身がどの程度の距離を歩いているのか気になりますよね?

それならばやはり歩数計は欠かせないアイテムとなりますが、

歩数計単体で用意する方法とアプリを利用する方法があります。

歩数計専用の特化した歩数計を購入しておけば、

それ一つで歩数やカロリー消費などがみれるので便利です。 

アプリを利用する場合、歩数計測のアプリは沢山あり、

歩くだけでポイントがもらえたりゲーム感覚のものがあります。

ポイントが貰えればその為に歩く気になれます。

ゲーム感覚のは達成感でモチベーションが得られます。

ダイエット系のアプリだと

体重の変化を毎日見る事でモチベーションを高める事が出来ます。

どのようなアプリが一番モチベーションが上がるのかは

一度使ってみるのがいいですね。

アプリは無料ですし、地図が使えるものもありますから

試してみて損はないと思います。

■リュックサックがあると便利

ウォーキングをしてると喉も乾きますし水分補給は不可欠です。

途中で水分補給をしたり汗を拭いたりする事が必要になります。

ペットボトルなどを入れるとウエストポーチなどでは入りきらなくなります。

少し大きめでもリュックがあると途中で買い物もできますからとても助かります。

雨の対策も必要になる事がありますから

防水のリュックに雨具を入れておけば万全です。

万一の事を考えてシューズの予備なども入りますから、

長距離歩行にはいろいろと役に立つことがあります。

最近では多種多様のリュックやポーチがありますが

背負うタイプやウェットポーチタイプがウォーキングに適しています。

中でも背中に背負う少し小さめのバッグは

中央にペットボトルを入れることができるタイプなどもありますので

自身がどのようなタイプが適してるのか検討し、

快適なウォーキングができるようにしてみてください。

■小銭を持てるリストバンド

ウォーキングするとき、万が一のときを考えると

やはり少しばかりのお金は所持しておきたいところではあります。

だけどどこに持ってればいいのか?

財布のままというのも嵩張りますので小銭程度で所持したいけれど

チャリチャリ音がなるのもイヤだし重くなってしまいます。

そこで小銭入れ用のリストバンドなら腕の部分にお金を入れることができ、

それ以外にも鍵や貴重品も含め音がならないよう設計されてます。 

■ウォーキングタイツで脚を引き締める

ウォーキングをするときに、

引き締め効果のあるウォーキングタイツがおすすめです。

最近では老若男女のオシャレとしても一般的になっています。

例えば軽いスタイルとしてスウェットなどがありますが、

これらは確かに歩きやすいといえますが、

より高い効果を得られるのは間違いなくウォーキングタイツです。

歩くことでさらに脚を引き締めることで

血流を良くし疲れにくく歩きやすくするというメリットがありますので

取り入れるのであればウォーキングタイツは欠かせないアイテムとなります。

■暑い時にはネッククーラーの出番!首を冷やすと楽になります

夏に歩くときに気を付けなければいけないのが熱中症です。

水分補給も大切ですが、体に熱がこもるのを防ぐのも重要です。

ネッククーラーを使って首を冷やすことで、血液の温度上昇を防ぎ、頭も爽快になれます。

首は血流の要所になりますから、首を冷やすだけでも体全体に影響を与える事が出来ます。

反対に冬には首を温めると、歩き始め等に楽になります。

温度差をなるたけなくすことで心臓への負担も軽減できますから、

簡単な割には効果が期待できます。 

■保温水筒で暑い時も寒い時も水分補給。

歩くときには不可欠な水分補給ですが、

ペットボトルなどでは温度がすぐに変わってしまい

飲んだ時のリフレッシュ感が失われてしまいます。

夏などペットボトルごと凍らせたリする人もいますが、

水分が周りについてしまいリュックなどが濡れてしまいます。

保温水筒でしたら濡れる事もなく夏は冷たく、

冬は暖かくすることが出来て便利です。

常温がいいというのも事実だと思いますが、

リフレッシュする事で頑張れる事の方が重要ですね。

 ■夜間歩行にも安心のネックライトで身を守りましょう

ウォーキングは時間を選ばずにできる運動ですので

薄暗い時間帯だけでなく気が付いたら日が落ちてるということもあります。

明け方だとか夜に歩くときには、車や自転車から見えるようにしないと危険です。

懐中電灯を持って歩くと足元を照らせていいのですが、手が塞がるのは不便です。

そんなときに便利なのがネックライトです。

首から下げるネックライトを携帯すると便利です。

これは首からかけておくだけでいいので両手を使えなくなることもありません。

スマホのライトを使ってもいいんですが持って歩くのはやはり不便ですよね。

LEDで防水のものがあれば突然の雨で濡れてしまって壊れる心配もなく

いつでも安心して使えます。

暗い道では両手が使える事は危険防止の意味でも重要ですから、

首から下げるライトは安全対策にピッタリです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする