運動嫌いの私が、2年以上ウォーキングを続けてダイエットに成功

運動嫌いでダイエットサプリ頼りだったMさん。

運動嫌いでも継続して取り組めるウォーキングをしたことで

ダイエットに成功されました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

■ダイエットサプリだけでは痩せなかった体

私は、ウォーキングを習慣づけてダイエットに成功しました。
ウォーキングを始める前は、大の運動嫌いでしたので、
ダイエットサプリやアミノ酸サプリなどを服用してなんとか痩せようと試みていました。
しかし、それだけでは当然痩せることなどできず・・・。
私の数年前の体重は、65kg(30代後半で身長170cm)。
お腹が少したるんできたという自覚が芽生え始めてからというもの、
自分のだらしがない体を見るのがだんだんと不愉快になっていきました。

■ウォーキングで肝心なポイントの一つ目は

ダイエットして痩せたい、という気持ちが嵩じて、私は重い腰をあげるようになりました。
とは言っても、運動嫌いの私ですから、ハードな運動などできるはずもありません。
そこで、気軽にできそうなウォーキングを始めてみることにしました。
家からすぐ近くに川の土手がありますので、
そこがウォーキングを始めるうってつけの場所でした。
ウォーキングでの肝心なポイントは、
まず呼吸が(心拍数)が少し上がった状態を保ち、
それを体に負担をかけすぎない時間(私は1時間ほど)続けることです。
私は、早歩きをし始めて10分ほどで汗ばんできますので、
その状態であと50分ほど歩き続けます。
すると、徐々にエネルギーが消費されて、
気持ちがいいと感じる程度の汗を流すことができるのです。

■ウォーキングで肝心なポイントの二つ目は

肝心なポイントの二つ目は、とにかく毎日続けることです
(言うまでもありませんが・・・)。
最初は、運動嫌いのせいもあってか、すぐに1kgは減りました。
しかし、その後は、元に戻ったり少しだけ(数百グラム)減ったりを繰り返し、
なかなか思ったように痩せてはいきませんでした。
人間の体には恒常性という機能が働いており、
元の状態を維持しようとする力が働くそうです。
ですから、元の体重に戻ろうとするわけですね。
これはおそらく、栄養の吸収率を上げるなどの理由で、
体重が元に戻るのだろうと考えております。
それでも続けてみることが大事。
毎日ウォーキングを続けることで、
次第に体が体重の減少した状態に慣れていき、
その体重が定着します。
体が1kg減の状態に慣れたなら、
今度はその体重を基準に前後するようになるのです。

■二つ目のポイントで重要なこと

 
そのポイントで重要なことは、自分を飽きさせないこと、です。
毎日決まった場所でのウォーキングは、
動きが単調なこともあり、とにかく飽きが生じやすい。
そこで、私は、i-podでポッドキャストを聴きながらウォーキングをするようになりました。
ポッドキャストで毎日違う情報を刺激として頭に入れながら、
あとはひたすらウォーキングに徹する毎日。
同じ景色、同じ歩調、それでも頭の中は毎日違った情報に書き換えられます。
また、ウォーキングを行っていた時間は夜7時頃
その頃は、土手で高校生が遊んでいたりするので、その雑音をかき消す効果もありました。

■運動嫌いの私がウォーキングで痩せました

元来運動嫌いの私が、毎日1時間のウォーキングを続けて、
65kgから58kgまで体重を落としました。
それには、2年以上ウォーキングを続ける必要がありました。
しかし今では、ウォーキングがすっかり習慣化しており、
それを行わない日は、逆に気分が悪くなるほどです。
短期間に何十キロも痩せたい人には向かない方法だとは思いますが、
ウォーキングは、確かに効果のあるダイエット法の一つだと言えるでしょう。
ポイントは、心拍数を少し高めた状態を維持することと、毎日続けること。
それを長期間続ければ、10kg前後の単位でなら
健康的に体を絞ることが可能だと感じました。
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする