ウォーキングダイエットのやり方と効果

ウォーキングダイエットというのは、歩いて行うダイエットと言い換えられます。

ウォーキングというのは、二足歩行をしている人間が

もっともスタンダードにカロリーを消費する方法です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

■ウォーキングダイエットとは

体に、痛みがない状態では、一番続く運動方法はウォーキングだと言われます。

つまり、連続的にそれほどの疲労がなく、続けていけるダイエット方法という訳です。

人間が目的地へ歩いていこうとするときに、

確かに、バス・電車・タクシー・自家用車という便利な道具があります。

ですが、それらの機械文明を省いて歩いて移動するというライフ・スタイルや、

その他エクササイズとしての自身でのルーティン・ワーク・ダイエットとして、

歩くことを意識的に自身への負荷として行うのは理にかなっています。

なまった足を鍛えておけば、体力の安定にもつながり、

そして、ダイエット効果が期待できる有酸素運動になります。

ウォーキングには基本的な姿勢の大事さや、他、足のバランス感覚など、

深めていくと興味深い方法がいろいろとあるものです。

ただ歩くだけではない、一番効率的なダイエット方法としてのウォーキングには、

どういったものがあるか、説明をしていきます。

■ウォーキングダイエットのやり方

ウォーキングで痩せるという考え方はただしいのですが、

基本的に、ウォーキング一時間で失うカロリー数は、100kcalになります。

100kcalとは、だいたいおにぎり一個分ぐらいのものになります。

ですので、ウォーキングをしても、おにぎりを二個食べていれば意味はありません。

発汗を伴うくらいの少し汗ばむウォーキングをすれば、

プラス20%のカロリーダウンも可能でしょう。

ですので、食事制限というよりも、

バランスの取れた食生活といっしょに行う必要があります。

そして、ダイエットに効果的なのが有酸素運動になります。

口を大きく開いて、息を吸ったり吐いたりすることで、さらに、脂肪消費力は高まります。

これは、ウォーキングに限らず、他のトレーニング・ダイエットの常識にもなります。

息を大きく吸い込み、吐くことで、体内の血流に酸素をみなぎらせます。

すると、脂肪の燃焼率が高まる訳です。

脂肪を燃焼させるには、ピンポイントのアグレッシブな運動もありますが、

慢性的な脂肪を随意的に継続的に落としていくのには、

毎日の日課としてのダイエット・トレーニングが必須となるのです。

ウォーキングダイエットが毎日の楽しみとなれば、

自然と身体はスリムになっていくでしょう。

■ウォーキングダイエットの効果

ウォーキングダイエットの効果は、まず足腰が鍛えられるという利点があります。

足腰が鍛えられることにより、他のダイエット訓練を受けることも可能となるのです。

そして、お腹周りなどの脂肪が落ちることにより、

身体も軽くなって機敏な運動ができるようになります。

機敏な運動が出来るようになるというのは、

さらに負荷を加えても大丈夫な身体になるので、

無理なくダイエット・トレーニングを持続できるようになるのです。

ウォーキングダイエットの効果としては、

見た目の問題を解消することもそうですが、

実際は、身体の血管壁が強くなって、病気に対する抵抗力がつくようになります。

血管壁が丈夫になれば、さらに運動を加えたとしても、

そのことで、病気が発症することはありません。

血流に耐えられる身体づくりは、

心臓から送り出される血液を体中に運ぶことができますので、

栄養状態がよければ、身体の肌の部分にも良い影響が出てきます。

血色良く、ハリ・ツヤのある、身体バランスが可能となります。

一日の内で、余計に歩く機会を多めにしたりして、

人間の持つ基本的な運動能力が衰えないようにしましょう。

その結果として、体をコントロールする技術も身につけば良いのです。

■ウォーキングダイエットを持続させるために

ウォーキングダイエットを持続させるには、

まず足が痛まないようにすることが先決です。

これには、ウォーキングシューズを履いて対応すると良いでしょう。

悪い靴では、かかと・つま先・ふくらはぎ・太ももなど、傷める箇所は随時出てきます。

そして、靴のサイズがあっていないと、靴擦れを起こしたりして、大変危険になります。

そして、そのウォーキングシューズにあった

履き心地のよいトレーニング用のソックスも選んでおきましょう。

足が濡れた状態で長時間歩くと、豆のつぶれる恐れがあったりします。

ですので、まず安全にウォーキングダイエットを進める為に、

ぴったりあったシューズ選びから始めてください。

昨今では、スタイリッシュでも落ち着いた感じのウォーキングシューズもあります。

ですので、軽く小走りになったとしても、充分に対応できるシューズを選びましょう。

特に、すぐにでもダイエットがひつような人たちは

身体の荷重関連が足に極度の疲労と痛みを発症する可能性があります。

ですので、身体の荷重を一挙に支えるだけの、よいシューズ選びをしてください。

そしてウェアも、デザイン性や機能性を考慮して

多少の小雨にも対応できる、スポーティなカバーオールなどがあると良いです。

■ウォーキング前には準備運動をしよう

ウォーキングダイエットを確実に成功させるために、

ウォーキングの前から準備運動を始めましょう。

ウォーキングとはいっても、真剣にやれば、足の筋を傷める可能性はあるのです。

ですので、準備運動として、ストレッチを入念に行ってください。

そのほか、ウォーキング前にヨガ体操を行っておくこともおすすめします。

これは、体内の血流に残っているブドウ糖類を一掃しておくことが可能になりますので、

いきなりのウォーキングからでも、即座に脂肪細胞を落とすことが可能になります。

脂肪細胞は、すぐには脂肪を吐き出しません。

これは、まず糖類からのエネルギー供給が先にされますので、

血糖値が運動によって下がってくる段階で、脂肪細胞が脂肪酸を排出し始めるのです。

その為に、通常のウォーキングでは30分以内にやめてしまうと、

ただ血液内のブドウ糖類を消化しているだけになるのです。

また、さらに、脂肪酸自体をも消化していくと、

今度は肝臓からグリコーゲンが排出されます。

つまり肝臓デトックスにもよい形になります。

ですので、全身を入れ替えるといった意識を持つのが重要になります。

■ウォーキングダイエットのまとめ

ウォーキングダイエットというのは、

通勤・通学時に行っているというだけでも結構な効果があります。

もし通勤・通学時でウォーキングをあまりしないようであれば、

その代替を自転車に置き換えるなどして対応しましょう。

人間は運動しなくなると、老化が促進されます。

その結果、病気も併発してくるのです。

ウォーキング自体は、人間の基礎的な運動になり、

その運動に全身の筋肉を必要とします。

そして、支える荷重は自分の全体重になりますので、

かなりの負荷がかかる運動という事になります。

ウォーキング自体に問題がなければ、

あらゆるレジャーを愉しむことができ、健康的な生活をおくることができます。

そして、アグレッシブに豊かな日常生活を営むことも可能となります。

ウォーキングの他にも様々な体力トレーニング方法がありますが、

継続は力なりですので、その運動を日課とすることが非常に大切です。

毎日同じことを繰り返すというのは、負荷がかかるほど難易度が増すものです。

自身で目標とする体型と体重を獲得するために、

自分自身で努力しなくてはならないのです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする