ウォーキングダイエットの成功の秘訣!?正しい姿勢が代謝を向上させる

ウォーキングダイエットで健康的にやせることに成功したYさんの体験談です。

ウォーキングの正しい姿勢を身に着けることがダイエットを成功させる秘訣だそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

■負担が少ないウォーキングダイエット

ダイエットの中でもウォーキングは、

簡単に始められ身近で行える運動の一つです。

特にウォーキングは体に負担が少なく運動できるので

ダイエットとして一番長く続けることができます。

歩くだけでよいので、走るよりも膝の負担が少ないからです。

また、ウォーキングをダイエットとして続けると

四季の景色も見れますので気分転換になります。

気分転換がウォーキングを長く続けさせてくれるポイントでもあります。

仕事からくたくたで帰って来てからでもウォーキングをする事でストレス発散が出来ます。

このストレス発散ができるのが実は非常にダイエットをするためには効果的です。

なぜならウォーキングする事でストレスが溜まった体の代謝をよくするからです。

ウォーキングをすれば代謝も良くなりダイエットに効果的なのです。

■ウォーキングダイエットなら食事の前にするのが効果的

ウォーキングダイエットをするなら食事する時間が大切です。

それは、ダイエットに大切な体の作りが変わるからです。

ウォーキングダイエットするなら食事の前に行うと効果的です。

筋肉もつきますし、代謝が何より良いのでおすすめです。

夜にウォーキングダイエットするなら、21:00までの間に行うと

一番汗をかきやすく代謝がいい事が実感できるでしょう。

朝のおすすめの時間帯は早いですが4:00から6:00の間が良いです。

この時間帯は、体の調整を計れる時間帯ですし、

ウォーキングする事でダイエットには効果的です。

この時間ウォーキングすれば、

体の暖気運転になり朝は体が起きるので、

一日のスタイルがつかめます。

■ウォーキングダイエットは歩く姿勢が大事

ウォーキングをする時は無理な早さでの歩きすぎはよくありません。

余りにも無理な歩き方をすると、

膝への負担が増えて足を怪我する事があるからです。

また、ウォーキングの姿勢が悪いと代謝が悪くなってしまい、

疲れやすくなってしまいます。

ですので、必ず姿勢を真っ直ぐ伸ばし胸を張って歩き、

猫背にならない様にウォーキングをすることがポイントです。

体に酸素をたくさん取り入れる事が出来るので

代謝が上がりダイエット効果が抜群です。

また、肘をまげてしっかりと腕を振って

ウォーキングをすると歩きやすくなり

代謝が高まるので意識して行うと良いでしょう。

■ウォーキングダイエットは一日一時間が目安

ウォーキングダイエットするなら一日の歩く時間が大切です。

それは歩く事で代謝が良くなり痩せやすくなりなるからです。

歩く時間は一時間を目安に歩きましょう。

一時間は長いと思いますが、

景色を眺めて歩くとあっという間にすぎます。

歩く距離としては約5キロ程です。

これだけの距離を歩けば代謝もあがって脂肪を燃焼します。

また、筋肉もつくのでダイエット効果は高いです。

筋肉がつけば、太りにくくなるのでリバウンドを防ぐこともできます。

ウォーキングダイエットをする事で

足腰も強くなりますので健康には最適の運動です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする