ウォーキングダイエットで健康で美しい身体を手に入れましょう

ダイエットをする場合には「適度」な運動が必要です。
では、適度な運動とはどのようなものがおすすめなのでしょうか。
それは、「ウォーキング」です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

■ダイエットにおすすめなウォーキング

ダイエットをする場合には、
食事制限と適度な運動が必須だというのは、皆さんご承知の通りです。
ですが、普段運動をしない方には、運動がネックになることが多いです。
特に、お仕事を持っている方は、
運動に費やす時間がない場合が多いです。
ですが、ダイエットを行う上で、運動は絶対に外せません。
食事制限だけでは、絶対にきれいに痩せないからです。
運動が面倒だと感じるのはわかりますが、
ダイエットをしたいのであれば、適度な運動は必要ですよ。
ここで重要なのは、「適度」な運動だと言うこと。
いざ、ダイエットを始めるぞ、と意気込んで、
水泳やジムなどに通うことを決める方もいるかもしれませんね。
でも、その運動、継続して続けられそうですか?
毎日続けられますか?
きっと、途中で面倒になったり、
嫌になってしまう方も多いのではないでしょうか。
ですから、ダイエットをする場合には、
「適度」な運動がおすすめなのです。
では、適度な運動とはどのようなものがおすすめなのでしょうか。
それは、「ウォーキング」です。
ウォーキングは、自分の体と水分さえあれば行える運動です。
お金がかかりません。
また、マラソンよりもハードな運動ではないので、
継続して行うことができるのも、ウォーキングの魅力です。
ちなみに、マラソンは、心臓に負担がかかるので、
健康上あまりおすすめではない、とテレビで言っていました。
ウォーキングであれば、自分のペースで行えますので、
体の負担になるといった心配はありません。

■ウォーキングダイエットの正しい歩き方

ここでは、正しいウォーキングの方法を紹介します。
まずは、準備運動をしましょう。
ウォーキングは、歩くだけだから、
準備運動なんて必要ないと思うかもしれません。
ですが、ダイエットのために行う運動、
つまり「ウォーキングダイエット」ですから、
普段の「歩く」とは異なります。
普段通りに歩いても、ダイエット効果はあまり望めません。
準備運動は、全身行ってください。
ウォーキングだからと言って、脚だけの運動ではいけません。
ウォーキングダイエットは、脚はもちろんのこと、全身を使う運動です。
ですから、必ず全身のストレッチ運動を行ってくださいね。
主に、足の筋肉はよく伸ばしておいてください。
そうしないと、ウォーキングの途中で
脚を痛めてしまう危険性があります。
また、腕も大きく動かしますので、
よく伸ばしておくことをおすすめします。
では次に、正しい歩き方の紹介です。
ウォーキングダイエットにおいて、
一番重要となるのがこの歩き方です。
まずは、つま先で石ころを蹴るように前に出し、
かかとで着地をしてください。
そうすることで、足の裏全部で地面を踏むことができるからです。
この歩き方は、普段ではしませんよね。
ですから、普段使われていない筋肉を使いますので、
より効果的に筋肉が活発化するのです。

■ウォーキングダイエットの歩幅について

次は、歩幅についてです。
歩幅は、普段よりも少し大きく歩くように心掛けてください。
そうすることで、体に負荷がかかりますので、
カロリーが効果的に消費されます。
歩幅を大きくするには、自分の股が、
おへそ辺りにある、というイメージを持って歩くことがコツです。
そうしますと、おへその辺りの筋肉である、
腸腰筋(ちょうようきん)が鍛えられます。
この筋肉は、上半身と下半身をつなぐ筋肉です。
よく、インナーマッスルという言葉を聞きませんか。
腸腰筋とは、まさに、この部分なのです。
おへその辺りの筋肉を意識して歩くことで、
インナーマッスルが鍛えられますので、
気になるぽっこりお腹もスッキリします。
また、お腹の筋肉を意識することで、
背筋もキレイに伸びますので、姿勢が美しくなります。
腸腰筋が鍛えられますと、
上半身をキチンと支えてくれるようになりますので、
普段から美しい姿勢を保てる効果が期待できます。
美しい姿勢は、その人をより魅力的に見せてくれる効果がありますので、
ぜひ手に入れたいですよね。
普段、お仕事でデスクワークをしている方などは、
どうしても前かがみになりがちですよね。
ウォーキングダイエットで、腸腰筋が鍛えられれば、
背骨が正しい位置に戻りますので、
腰痛や肩こり、目の疲れまでも改善するかもしれません。

■ウォーキングダイエットの腕の振り方について

次に、腕の運動を紹介します。
ウォーキングダイエットでは、
腕の振り方もとても重要なポイントなのです。
やりがちなのは、腕を大きく「前」へ振ってしまうことです。
この腕の振り方でウォーキングをされている方を、たくさん見かけます。
この歩き方は、見ていてもとても不自然です。
歩きにくくないのかな?といつも疑問に思います。
腕は、大きく「後ろ」に「引く」ことがポイントです。
そうすることで、胸が前に突き出されますので、
背筋も自然とピンと伸びてきます。
何よりも、後ろに大きく振る方が、歩きやすいです。
腕を後ろに引くことで、肩甲骨が大きく動きます。
それによって、肩甲骨周りの僧帽筋などの筋肉が活発に動きます。
僧帽筋などが鍛えられますと、背中が引き締まる効果が期待できます。
女性においては、加齢とともに背中にもぜい肉が付いてきますよね。
ブラジャーの上にぜい肉が乗ってしまっている女性も多く見かけます。
どんなにキレイ洋服を着ていても、これでは台無しです。
背中の筋肉を鍛えて、スッキリとした背中を手に入れましょう。
そして、腕はできるだけ大きく振ることを心がけましょう。
そうすることで、二の腕の筋肉を使いますので、
たるんだ二の腕が引き締まる効果が期待できます。
加齢とともに、女性の二の腕はたるんできてしまいます。
ウォーキングダイエットで、
そんなたるんだ二の腕ともおさらばしましょう。
また、呼吸も深くなりますので、カロリーを効果的に消費できます。

■ウォーキングダイエットの呼吸法について

最後に、呼吸法について紹介します。
ウォーキングダイエットは、有酸素運動ですので、
呼吸方法は重要なポイントです。
呼吸法は、「腹式呼吸」と言って、お腹から息を吐く感じで行います。
そうすることによって、心肺能力が向上しますので、
脂肪燃焼の効果も高まります。
息はしっかりと吐くことを意識して下さい。
吸った空気は全部吐き出してください。
腹式呼吸は、吐くことに意識を持ち、
吸うことは自然に任せておいて良いです。
吐くことを意識すれば、自然と空気を吸うからです。
そして、呼吸は「吐く・吐く」「吸う・吸う」というリズムで行います。
これは「2ビート呼吸法」と呼ばれます。
腹式呼吸方は、腹筋を使いますので、
お腹周りがスッキリする効果が期待できます。
また、精神的に落ち着く効果も期待できますので、
ストレス解消にも一躍買いそうですね。
ウォーキングを終えた後は、
しっかりと全身のストレッチを行ってください。
激しく動かされた筋肉をゆっくりとクールダウンすることで、
定着させる効果も期待できます。
その後は、汗をキチンと流してください。
せっかくデトックス効果があったのに、
汗をキレイにとりのぞかないと、毛穴が詰まってしまいます。
これでは、せっかくの美肌効果が薄れてしまいます。

■ウォーキングダイエットによって得られる効果

ここまで、正しいウォーキングダイエットの方法を紹介してきました。
ここでは、ウォーキングダイエットの時間や頻度、行うのに適した時間、
また、ウォーキングダイエットによって得られる効果をまとめたいと思います。
まず、ウォーキングダイエットにかける時間は、
1日20~30分で良いです。
20分以下では、カロリーを効果的に消費できません。
そして、行う頻度は、毎日が理想ですが、
最低でも週3回は行うようにしてください。
その際、3日連続して、4日休む、というのはダメです。
週の中で分散して行ってください。
ウォーキングダイエットに適している時間帯は、ズバリ朝です。
仕事をしている方は、早起きは辛いでしょうが、ここは頑張りましょう。
仕事が終わった後では、もっとつらいですし、
就寝前に有酸素運動を行うと、
精神的に興奮状態になるので、眠りを妨げる危険性があります。
ダイエットを目的でウォーキングを始めた場合、
それ以外にも嬉しい効果が期待できます。
その効果を紹介します。
まず、腹式呼吸によって、心肺機能が向上します。
これは、体調が改善される効果も期待できから、
風邪をひきにくい体になりそうです。
また、汗をかくことで、デトックス効果も期待できますので、
美容にも効果が期待できます。
肌が活性化されれば、肌のターンオーバー、
つまり肌の生まれ変わりの速度も速くなります。
そのため、くすみがとれたり、シミが薄くなったり、
毛穴が引き締ったりする効果など、
女性にはうれしい効果が期待できます。
また、運動をすることによって、
交感神経が刺激されますので、
日ごろのストレスが解消する効果も期待できます。
ウォーキングダイエットは、
このようにさまざまな効果が期待される運動です。
手軽に始められますので、おすすめの運動ですよ。
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする