楽しく効果的なウォーキングダイエットのやり方

あなたがダイエットをしようと思ったとき、
まず思い浮かぶ方法はなんでしょうか?
ジョギングや、ジム通い、筋トレ、スクワットダイエットや
最近では体幹ダイエットなどが流行っていますが、
ウォーキングダイエットを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

■効果的なウォーキングダイエット

ウォーキングダイエットは自分の体一つあれば
すぐにはじめることができます。
ジム通いのように特別なスポーツウェアを
買いそろえる必要もありませんし、非常に手軽ではないでしょうか。
ですが、ただやみくもに歩くだけが
ウォーキングダイエットではありません。
きちんと正しい方法で歩いたほうが
カロリー消費も効果的なやり方があります。
間違った方法でウォーキングダイエットをすると、
体を痛めたり、故障の原因にもなります。
効果的なウォーキングダイエットの仕方を紹介したいと思います。
ウォーキングダイエットをする上で
注意する面や気を付けたい面もお教えします。
この記事を読んでウォーキングダイエットのやる気を起こしていただければ幸いです。
正しい方法で楽しく歩きましょう。
これからウォーキングダイエットのポイントを四点紹介します。
是非参考にしてください。

■ウォーキングダイエットとは

ウォーキングダイエットという言葉を聞いたことがない人はいないと思います。
しかし、ウォーキングダイエットを説明できる人は少ないのではないでしょうか。
ここではウォーキングダイエットの言葉について説明したいと思います。
そもそも、歩くという行為は有酸素運動をしていることになります。
有酸素運動を説明すると、有酸素運動とは、
体内に酸素を取り入れると脂肪燃焼効果が期待できます。
脂肪が燃焼すると体重減少につながるため、
有酸素運動であるウォーキングはダイエットに適しているといえます。
おわかりだとは思いますがウォーキングダイエットとは、
その言葉の通り、歩くことによって体重減少を狙うダイエット法のことです。
ウォーキングダイエットは歩くだけでダイエットができるのでとても手軽です。
ジムトレーニングのようなトレーナーについてもらわなくても
自主的にトレーニングができるので気が楽です。
そして自分の好きな日の好きな時間に自由に行えることも
ウォーキングダイエットの人気の理由の一つだと言えます。
次にウォーキングダイエットの方法についてお話しますが、
いくら気楽にはじめられるからと言って、
間違った方法で歩くと体を痛めますので気を付けましょう。

■ウォーキングダイエットの正しいやり方

ウォーキングダイエットは前にも書いたように、
ただ歩けばいいといわけではありません。
ちゃんと正しいやり方で実践したほうが、
より効果的にカロリー消費を狙うことができます。
まず、正しい姿勢で胸を少しはり、前をしっかり見て歩きましょう。
姿勢が悪いと効果的なダイエット法になりません。
そして、着地はかかとから下ろし、
踏み出すときは親指に力を入れて地面をけりましょう。
きちんとした歩き方を身に着けたら、歩くスピードを調整しましょう。
のんびり歩いたり、周りをぼーっと見渡しながら、
人と話ながら歩いているのではダイエットの意味がありません。
早歩きで、サッサと歩くことがポイントです。
もし、だれかと一緒に歩く場合は、
少し息が上がるくらいのペースで話ながら歩くと効果的です。
慣れるまではウォーキングフォームを意識して、
距離もだんだんのばしていく感じで歩きましょう。
きちんとウォーキングダイエットのやり方を身に着けたら
もっと楽に楽しく歩けるようになるでしょう。
めんどくさいからとただ歩くだけでは正確にカロリーは消費されません。
きちんとダイエットすると決意したのですから正しいフォームで、
正しい歩き方でウォーキングダイエットを行いましょう。

■ウォーキングダイエットで注意したいこと

ウォーキングダイエットを始めて、正しい方法を身に着けたら、
今度は注意点を確認しましょう。
ウォーキングダイエットに慣れてくると、
だんだん自己流が生まれて歩き方に変なクセが出てくる場合があります。
例えば、どんどん歩くペースが速くなるのはいいのですが、
そのために足に負担がかかり、
足の親指を中心に深爪や巻き爪になりうる可能性が出てくる場合があります。
それから、はじめのころは背筋をのばして正しい姿勢で歩いていたのが、
だんだん前のめりになって前傾姿勢になってしまうと
うまく酸素を取り入れられなくなってしまいます。
ときどき、ネットや動画を見るようにして、
自分のウォーキングスタイルに変なクセがついたり
間違っていないかをチェックしましょう。
間違ったフォームでは前にもいったように
正しくカロリー消費されないので気を付けましょう。
それから腰痛持ちの人は歩きすぎに注意しましょう。
歩くということは少なからず腰に負担がかかります。
腰に負担がかかるとじわじわと腰痛が復活し、歩けなくなってしまいます。
せっかくダイエットをはじめたのに、
断念しなくてはならないのではもったいないですよね。
時々自分のウォーキングスタイルを確認することはとても大事です。

■ウォーキングダイエットに適した靴

ウォーキングダイエットをする際にスポーツウェアは必要ないと書きましたが、
靴だけは少し気を付けてほしいところです。
運動靴であればあまり問題はありませんが、
歩くことはすくなからず靴底のゴムを消費しているので、
おしゃれ靴で歩くのはもったいないのできをつけましょう。
女性でハイヒールでウォーキングしている方もいらっしゃると聞きますが、
基本的にウォーキングダイエットはウォーキングシューズで歩くことをおすすめします。
スニーカーなどでも、通気性が悪くて足がむれたりすると水虫の原因にもなります。
メッシュ系のスニーカーがおすすめです。
せっかくダイエットしているのに、
ほかの健康面で問題を起こしたら元も子もないですよね。
最近ではウォーキングシューズもおしゃれなものが展開されているので、
お気に入りの一足を見つけるとダイエットも楽しくはかどると思います。
毎日歩く、毎日同じことを繰り返しつづけることは案外難しいものです。
ウォーキングダイエットにくじけそうになったら、
足元を見て、お気に入りの靴から元気とパワーをもらいましょう。
ウォーキングシューズは自分の足に適した靴で歩いてほしいので
なるべく靴屋さんで買いましょう。
サイズをきちんと合わせて、カロリー消費させましょうね。

■効果的なウォーキングダイエット、まとめ。

いかがでしたでしょうか。
以上がウォーキングダイエットのポイントをまとめたものです。
はじめにも書いたように、間違った方法で歩くと効果が出ず、
それどころか体のケガや故障の原因になるので、
必ず正しい方法でウォーキングダイエットをしてください。
よく、ダイエット本のうたい文句に「楽ヤセ」「これだけでヤセる」
などといった帯のついた本が沢山出回っていますが、
ダイエットは決して楽ではありません。
確かに最初の2週間くらいはそのダイエット本を実践すれば
数キロ痩せるかもしれませんが、
結局は継続しなければダイエットは成功せず、リバウンドしてしまいます。
ダイエット本を鵜呑みにせず、こういう方法もあるんだな、と参考程度にとどめて、
自分がどのダイエットが一番適しているかを見つけることが先決です。
うれしいことにウォーキングダイエットは
歩ける人であればだれでもすぐに始めることができます。
外に出るのがおっくうという前に、
朝少し早く起きて出勤の前に朝日をあびて歩いてみてください。
生活リズムも整い、一日体の調子が良くなると思いますよ。
継続は力なりです。
今回ご紹介したウォーキングダイエットを
実践して徐々に効果が出るよう願っています。
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする